神成 修太郎 |青森県五所川原市の社会保険労務士・ 人財経営コンサルタント

0173-26-6681

Certified Social Insurance Labor Consultant Business

人づかい(労働法関連)に関する相談

社員を採用すると、労働時間・休日・残業時間の計算、年次有給休暇の取得、そして勤務態度に問題ある社員が現れ「解雇問題」が発生するなど、常にクリアすべき課題があらわれてきます。どうすればうまく解決できるのか?でも、労働基準法にそってそのまま運用すれば、会社の運営上支障が出てしまうのではないか?こんな不安を抱えている経営者は少なくありません。しかし、経営者が課題に手をつけない状態を続けていくと、それは最終的に社員の不平不満となって返ってきてしまいます。弊事務所では、積極的に法律面をクリアしつつ、会社にとっても社員にとっても納得感のある解決策を共に考え、改善のサポートをしていきます。

WORK FLOW

FLOW1

雇用契約に関する相談

『この社員は毎週日曜日が休みで、月20万円で来てもらっています。』この雇用契約に何か問題はあると思いますか?労使間においてはお互いに合意し、納得の上で雇用契約を結んでいるのです。本当に何も問題はないんでしょうか?実は、このままにしておくと、遡って「時間外労働分の割増賃金を○○ヶ月分払ってください。」となる可能性があります。弊事務所では、会社・社員・労働基準法の”三方よし”の雇用契約を結ぶお手伝いをいたします。

FLOW2

労働時間・休日・残業時間の計算に関する相談

『ウチは始業時刻が9:00なんだけど、掃除や朝礼もあるので、皆8:00前には出勤しているんだ。立派だよ。』『今週忙しくてAさんに休みの日に出てきてもらったんだけど、来週の出勤日と交換したから問題ないです。』『この社員はタイムカードでは終業時間が18:30だけど、自主残業だから18:00で計算しています。』これらは全て×です!労働時間・休日・残業時間は、明確なルールのもと計算されてこそ、社員の安心につながるのです。

FLOW3

年次有給休暇の取得に関する相談

経営者には、年次有給休暇に対してネガティブなイメージを持っている方が少なくありません。『休みなのに給料が発生するのはおかしい』『好き勝手に使われると運営上困る』その心中はお察しします。年次有給休暇の本来の目的は「労働者に安心して休養を取らせ、心身の疲労を回復させ、ひいては労働力の維持培養を図ること」。社員同士が互いを思いやって年休取得できる仕組みができたら、社員の満足度アップにつなげることができるのです。

FLOW4

勤務態度に問題のある社員への対処

勤務態度に問題がある社員がいた場合、どのように対処されていますでしょうか?単に気にいらないだけならば相性の問題かもしれませんが、それが態度や行動であらわれているならば注意して然るべきです。ただ気を付けなくてはいけないのが、社長の個人的感情で注意すると、好き嫌いが判断基準になってしまうことがあるのです。社長が「わが社の行動基準」を示すことができれば、基準に沿って、公平に改善を促すことが容易になります。

FLOW5

解雇に関する相談

『どうしても気に入らない社員がいるので解雇したい!』経営者ならばこんな思いを抱くことはあるのではないでしょうか。再三にわたって注意しても改善が見られない社員については、就業規則に沿って減給等の懲戒処分が可能となります。そして何より大切なのは、その社員が今後、会社の理念に沿って働く気があるのかどうか、その意思を確認すること。それでもなお改善する気が無いのならば、選択肢はおのずと決まってくるはずです。

お電話でのお問い合わせ

五所川原サポートオフィス

0173-26-6681

電話受付時間:9:00 - 17:00

お気軽にお問い合わせください。

神成 修太郎 SHUTARO KANNARI|人材経営コンサルタント・社会保険労務士

五所川原サポートオフィス

〒037-0036 青森県五所川原市中央四丁目82

TEL:0173-26-6681 FAX:0173-26-6682

Facebook

▶︎プライバシーポリシー

Copyright@SHUTARO KANNARI.All Rights Reserved.