神成 修太郎 |青森県五所川原市の社会保険労務士・ 人財経営コンサルタント

0173-26-6681

Certified Social Insurance Labor Consultant Business

社会保険への新規加入のご相談

皆さまは、社会保険制度(健康保険・厚生年金保険)に対してどんなイメージを抱かれているでしょうか。国の財政状況を見ると、もっともお金がかかっているのが社会保障です。人口ピラミッドが変わり、制度の大幅な変更を余儀なくされました。消費税を上げ、社会保険料を上げ、対象者の枠を広げ、年金の支給開始年齢を引き上げないと維持継続が難しいのです。そして、社会保険未加入の事業者は、社業の継続はますます厳しくなっていきます。「社保完備」は、社員に選ばれる会社の最低要件なのです。『話はよく分かる。でも加入は負担が大きくて不安だ…』こんな経営者のために、新規加入に際してのサポートをさせていただいております。

WORK FLOW

FLOW1

社員のデータ収集

社会保険(健康保険・厚生年金保険)に加入するにあたっては、社員の皆さんにどんな影響が出るかを伝えなくてはなりません。そのためにも、必要なデータを収集し、加入時のシミュレーションを組む必要があります。具体的には、現在の家族構成、そして国民健康保険と国民年金の保険料負担金額などを聴きます。

FLOW2

社会保険料のシミュレーション作成

社会保険料は、会社と社員が折半負担で、それぞれ給与額のおよそ14~15%を負担することになります。実際加入するとなったとき、最も気になるポイントは、「毎月会社負担額がどのくらいかかるか」ではないでしょうか。また、社員の皆さんも、これまでの国保・国民年金の保険料負担と、社会保険加入後の負担額の比較ができます。これらをシミュレーションしてみることで、社会保険加入のイメージを持つことができます。

FLOW3

社員向けの勉強会の開催

「健康保険に入ると、業務外のケガや病気で長期にわたって働けないとき、お給料の約2/3の補償がある。」「国民年金は、40年納めて満額は約78万円。月々にして約6万5千円。厚生年金はその上乗せ分になる。」「なぜこんなメリットがあるのか。それは会社が半分負担しているから!」社員の皆さんに対し、会社の取り組みと、社員が実際に受けられる給付について、わかりやすくお伝えいたします。

FLOW4

社会保険の新規加入手続き

社会保険に加入すると、社会保険料は原則として毎月口座より引き落としされ、当月分の保険料は次月末日が納付日です。そして、全国健康保険協会より会社宛に健康保険証が郵送されてきます。また法人の場合は、社会保険に加入することで、ハローワークで正職員の求人情報を公開することが可能となります。

お電話でのお問い合わせ

五所川原サポートオフィス

0173-26-6681

電話受付時間:9:00 - 17:00

お気軽にお問い合わせください。

神成 修太郎 SHUTARO KANNARI|人材経営コンサルタント・社会保険労務士

五所川原サポートオフィス

〒037-0036 青森県五所川原市中央四丁目82

TEL:0173-26-6681 FAX:0173-26-6682

Facebook

▶︎プライバシーポリシー

Copyright@SHUTARO KANNARI.All Rights Reserved.